院内紹介

院内ツアー

  • 受付■待合室■
    待合室は清潔かつアロマの香りでリラックしてお待ち頂けるように配慮しております。
    バリアフリーのため車椅子の方もご利用できます。
  • ■受付■
    受付は患者様へ素早く対応できる用に広い窓口となっております。お靴のまま待合室、診察室へ移動して頂けるのでスリッパに履き替える煩わしさを解消しております。
  • ■第1診察室 ■
    電子カルテを使用して、診察をおこなっております。デジトゲンと心電図が連動したシステムで、迅速かつ適格な診察が可能になっています。
  • ■第2診察室 ■
  • ■処置室1■
    主に注射・採血、短時間の点滴などの処置を行っております。
  • ■処置室2■
    点滴ルームとなっており、アロマ漂う中でリラックスをしながら点滴の処置を受けられるようになっております。
  • ■レントゲン室■
    デジトゲンNAOMIを導入しております。
    画像表示までわずか数十秒で患者様を長時間お待たせしません。再撮影の回数も少なくなり、患者様の負担も軽減しております。

 

院内設備


  • ■アロマ■
    オイルはすべてピュアオイルを使用しております。ラベンダーをベースに季節に合わせて変更しており花粉が飛散する季節にはユーカリなど症状を和らげる配合をしております。
  • ■迅速HbA1c測定■
    増え続ける糖尿病患者様のHbA1cを院内で迅速に測定できます。
    HbA1cは全血1μLと非常に微量であり、前処理が不要で、6分で結果表示し、HPLCとの相関も良好です。
  • ■尿化学分析装置■
    光度測定法により、尿中の化学物質を検出する尿化学分析装置です。
  • ■スパイロメーター■
    肺がどれだけ空気を取り込みどれだけ吐き出すことができるかや、空気を出し入れする換気機能を調べる検査です。検査はスパイロメーターという測定機器を使用し、肺気量分画を描出しその結果から肺機能を診断します。喘息の診断・治療の効果をみることができます。肺年齢も測定します。
  • ■超音波式ネブライザ■
    霧化粒子径は1~8ミクロン(全体積粒子径分布の80%)。気管支などの呼吸器の奥深くまでやさしく送りとどけます。喘息の患者さまに貸し出しもしております。
  • ■睡眠時無呼吸症候群の検査■
    簡易検査であるスリープテストを行います。
    腕時計型の小型の装置で、手首に装置本体、指に血中酸素飽和度を測るセンサー、鼻にいびきや無呼吸・低呼吸を調べるセンサーを取り付けます。夜寝る前にご自分で装着して頂きますので、装置の貸し出しと、取り付け方の説明を行います。
  • ■ホルター心電図■
    携帯型の心電計を装着し、24時間にわたり連続記録します。受診時には認められなくてもこの検査を行うことによって、普段の日常生活における脈の異常、狭心症の発作などを捕まえることができます。特に不整脈の診断や治療効果判定には不可欠の検査です。当院では世界最小の心電計を導入しています。
  • ■超音波検査エコー■
    腹部の腫瘍や胆石等の有無を画像を基に診断を行うことが可能です。